【インスタ】リールを1万回以上バズらせる方法最新まとめ

リールをバズらせる Blog

SNSがたくさん利用され始めている現在、ショートムービーを活用することは非常に大切になってきます。

ショートムービーは、1ユーザーが気軽に日頃の生活を投稿するだけでなく、今では企業が宣伝のために使っていたり、それぐらいサービスや商品を知ってもらうには魅力的なものです。

リールを上手に活用していくことは自分の引き寄せたいお客様にアピールするのに重要なものになってくるので、ぜひこの機会にリールをうまく活用できる様にしていきましょう♡

とはいえ、リールをバズらせるのってなかなか難しくないですか?リールをバズらせるためには、いくつかのポイントを掛け合わせて相乗効果でトップに表示させることが大切です。

今回はリールを1万回以上バズらせる方法を最新でまとめてみたのでぜひみてみてください♡

【インスタ】リールを1万回以上バズらせる6つの方法

    インスタグラムのリールを1万回以上バずらせるためのポイントをまとめています。順番に説明していきますね。

    ①「↗︎」がついている音源を使う

    まず1つ目のリールをバズらせるためのポイントは「↗︎」がついている音源を使うということです。

    「↗︎」のマークがついていれば今、注目されて伸びている音源の印となります。この音源からリールを作ってほしいというインスタグラム側の願いでバズりやすくなっています♡

    こんのりり
    こんのりり

    豆知識ですが、音源を選ぶ際は1万件以内のものがベストと言われています!伸び切っている音源よりも、1万件いかない音源を選ぶ方が、これから伸びやすいようなので音源の件数にも注目してくださいね。

    実際に音源を選ぶときですが、リール投稿時の管理画面には音源を選べる画面機能があり、その画面にいくと上の方に表示されている音源が今流行っている音源になります。

    試しに再生ボタンを押すと音源が流れるので、音源を確認しながら、1万件以内で割と最近流行っている音源を選ぶことがおすすめです。

    ぜひ、トレンドの音源を活用してリールを作ってみてください♡

    ②共感いいねをもらう

    2つ目のリールをバズらせるためのポイントは「共感いいねをもらう」ということです。

    リールは♡が多いと優先表示されやすくなります。♡は保存と違って【共感】ですよね。【共感】してもらえたということはユーザーの方に好意的に受け入れてもらえたということになります。

    好意的に受け入れてもらえる投稿

    • ファンを獲得しやすい
    • 自分のサービスをしていたら利益につながりやすい

      自分のサービスやほしいお客様のターゲットからいいねがもらえなければ、次につながりにくいので、自分の来てもらいたいターゲットを改めて明確にしましょう。そして、その層からいいねがもらえる投稿の作成、配信の時間を狙って投稿するのがおすすめです。

      なぜいいねをしてもらうのか?という目的を考えながら、目的に沿ったいいねをもらえる投稿を作成
      するようにします。

      マインド系や文字で自分の気持ちを綴るのもいいし、お子さんのことやお仕事に対する思いなど、つい♡をタップしたくなるようなリールを目指しましょう。

      ③高画質アップロード設定

      3つ目のリールをバズらせるためのポイントは「高画質のアップロード設定を行う」ということです。

      投稿をする上で、画質はとても大切になってきます。インスタの特性上、テキストももちろん大切ですが、写真や画像の投稿で視覚的にアプローチすることがメインの媒体なので、画質が悪いだけで見たいと思われないリールになってしまいます。

      逆に言えば、高画質に設定するだけでリールや動画を美しく見せることができます。投稿に興味を持ってもらえる様にユーザーの方がパッと目につきやすい投稿になるように意識していきましょう。

      ④最初の1秒に全力投球せよ

      4つ目のリールをバズらせるポイントは「最初の1秒に全力投球せよ」という点です!

      パッパッパッとスワイプしてリールを見るとき、見るか見ないか判断する時間はたった1秒!そこでどれだけ惹きつけられるかが勝負です。

      見てもらいやすくするためのポイントは2つです。

      1. 「タイトルを入れる」→結果が分かる
      2. 「(人物の場合)表情を出す」→親近感を持ってもらえたり、感情を引き寄せやすい


        1つ目の「タイトルを入れる」ことで、先に【結果】を示せます。

        【結果】を先に示すことで「それどうやるの?教えて!」というユーザーに対する興味づけになるため、タイトルを入れるのはとても大切になります。

        2つ目の「(人物の場合)表情をだす」も親近感を持って投稿を見てもらいやすくするには大切になってきます。笑ったり困ったりした表情で、「何?どうしたの?」という感情を引き寄せることができます♡

        ⑤10秒以内で作る

        5つ目のリールをバズらせるポイントは「10秒以内で作る」ということです。

        インスタグラムのリールでは、最後まで見てくれた人数で優先表示されやすくなるからです。そのため、初心者さんは10秒以内から始めるのがおすすめです!

        10秒以内で作成する際のポイントは大きく分けて【感情】【テンポ】【文字入れ】の3つです。この3ステップを意識して投稿を作成するようにしていきましょう。

         

        1. 【感情】を動かすような音楽、映像、言葉を使う点を意識
        2. 次は【テンポ】よく音楽に合わせた映像や文字送りをする
        3. 最後に【文字入れ】で音無しでも伝わる工夫をする


            この3点で共通して意識してることはユーザーの方への「見やすさ」です。

            この投稿を見るとき、ユーザーはどんな状況で見ているのか?やどんな投稿だったら興味を持ってくれるのかな?ということを常に頭に入れながら投稿を作成していくと、より見やすい投稿になるのでおすすめです♡

            ぜひ、10秒以内に作成する際はこの3点のポイントを頭に入れて作成してみてください!

            ⑥#タグは5個以内

            6つ目のリールをバズらせるポイントは「#タグは5個以内」で投稿するということです。

            ハッシュタグは必要最低限でOKです!フィード投稿と同様にリール投稿でもハッシュタグをつけることは可能です。

            普通にリール投稿するよりもタグ検索でヒットしやすいですが、ボリュームの少ないハッシュタグでは、表示されない可能性が高いです。

            また、大きいボリュームのハッシュタグでもトップに表示されなければ、そこまで再生回数が見込めないので、タグよりも投稿内容の統一感があるか?という点に重きを置いて投稿を作成するようにしましょう♡

            こんのりり
            こんのりり

            リールは人気投稿に上がりやすいのでリール動画内の文字、キャプション、ハッシュタグの内容が全て統一されていることを意識してみてください♡

            インスタは画像や動画内の文字もAIで読んでトップに掲載されるようになってます!画像や動画、テキストで統一感を持たせて、トップに表示されることを目指しましょう♡

            インスタグラムのリールをバズらせるには…

            今回はリールをバズらせる方法を6つお話ししてきました。意外と「そうだよね〜。確かに!」と思うポイントが多くなかったですか?

            ただ全部組み合わせてリールを作成しようと思うのなかなか難しかったりするんです。1つのポイントだけではなく、しっかりと6つのポイントを押さえられるようなリールを作成できるようにしていきましょう♡

            あくまでもユーザーの方に寄り添った見やすい投稿を作成する意識がポイントです!ぜひ、一緒にリールをバズらせれる様にがんばりましょう♪

            インスタグラムで起業を成功させる方法

            LINEでは、インスタグラムで起業を成功させる秘訣を私の実体験を元に開設しているBookをプレゼントしています。Canvaの講座やマーケティングのレッスンも配信しているので、ぜひご登録ください。

            LINEプレゼント

            タイトルとURLをコピーしました